妊婦さん飲める!便秘に効く安全なお茶ランキング

 

妊娠中は便秘になりやすい?

 

妊娠をすることで便秘になる方が増える傾向にあります。もとは便秘とは無縁だった女性が妊娠をすると便秘になってしまうことがあるのです。ここでは、妊娠をした初期から出産をするまでの便秘について見ていきます。

 

妊娠初期の場合

 

女性の場合、黄体ホルモンというホルモンの影響で体調が変化します。この黄体ホルモンは、妊娠をすることで活動する力がアップします。このことによって、便がスムーズに腸内を動かず、便秘になってしまうのです。妊娠の4か月後くらいまではこのような状態が継続します。

 

また、妊娠初期というのは、つわりなどの影響で、食事を食べる量が減って、運動をする機会が減ってしまうものです。これにより、悪循環になり、便秘になってしまう可能性が高まってしまいます。もし食欲がない場合でも、少し無理して食事をするように意識してください。

 

この妊娠初期の段階が終わりを迎えると、黄体ホルモンの分泌量が少しずつ減っていきます。この時期につわりも減っていくので、便秘になる要因が少しずつ取り除かれていきます。しかし、妊娠中期になると、また便秘になりやすくなります。

 

妊娠中期の場合

 

妊娠の中期に入ると、胎児が成長するためお腹も大きくなってきます。その影響で、子宮が腸に負荷をかけてしまったり、血管に負荷がかかったりします。これにより、便秘になりやすくなってしまます。

 

また、肛門に血が溜まり、このことが引き金になって痔になることがあり、便を出すときに痛みを引き起こします。痛いのを避けようと便を出さないようにしていると、便秘をどんどん悪い方向に導いてしまいます。

 

便を出すときの理想は力を入れないでも簡単に出ていくことですが、少しは力を入れることと思います。便秘の方の場合、力を入れることが多々あると思います。しかし、妊娠をすると、その力を入れる行為が胎児に影響するのではないかと考えてしまって、力を入れないようにしてしまい、便を出すことが難しくなってしまいます。

 

便秘になることでストレスが溜まっていってしまうと胎児に悪影響を及ぼします。そのため、便秘にならないように水分を摂取したり、食物繊維を摂取したりして、便をスムーズに出すことができるようにしましょう。それでも便が出ないときには、浣腸などを使うといいでしょう。

 

出産後の場合

 

出産をしてから便秘になる原因は2つあります。1つ目は、出産をするときに会陰切開をした影響で、便を出すことを怖がってしまうからです。2つ目は、赤ちゃんに母乳をあげることで体の中の水分がなくなってしまうからです。そのため、出産をした後は、いつもよりも水分をたくさん摂取するように心がけましょう。

 

便秘解消は食物繊維がカギ!

 

便秘は、食物繊維が体内に足りない状態が続くことでも起こります。食物繊維というのは、体内に入ると、消化・吸収が行われずに大腸まで届き、便のもとになります。野菜嫌いの人は便のかさが少ないと言われますが、それはこのような理由からなのです。

 

食物繊維は、ほかにも、善玉菌が生きていくための栄養になるため、腸内の環境を正常にしてくれます。そのため、食物繊維が体内に足りなくなると、便秘になる可能性が高まるのです。

 

便秘を改善するためには食物繊維が必要なので、毎日のように意識して食物繊維を摂取するように心がけましょう。厚生労働省では、男性の場合、最低で19グラム、女性の場合、最低で17グラムの食物繊維を摂取することを推奨しています。その食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

 

水溶性食物繊維とは、腸の中にある有毒なガスの濃度を下げてくれたり、血糖値が上がるのを防いでくれたり、コレステロールや中性脂肪が体内に吸収されるのをブロックしてくれたりする食物繊維のことです。

 

一方の、不溶性食物繊維とは、コレステロールが代謝されるのを助けたり、大腸ガンになるリスクを減らしてくれたりする食物繊維のことです。

 

これらは、便を気持ちよく出すためには必要な食物繊維のため、できるだけたくさんの食物繊維が含まれている食べ物を摂取するようにしましょう。ここで、水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維が含まれている食べ物を紹介しておきます。

 

水溶性の食物繊維が含まれている食べ物

 

山芋・ジャム・昆布・オクラ・ワカメなどです。

 

不溶性の食物繊維が含まれている食べ物

 

セロリ・豆類・キノコ類などです。

メニュー

最新記事